育毛剤ルプルプ

育毛剤ルプルプ(LPLP)とDeeper3Dどっちが効果ある?

育毛剤LPLP(ルプルプ)とDeeper3D、どちらが効果があるのでしょうか?値段で考えるとルプルプが安いのでお得だと思えますが、効果が無いなら困りますよね。この記事では人気の育毛剤Deeper3Dとどちらが効果があるのか様々な点から検証してみました。

 

結論から言うと、両者とも魅力的な成分が含まれていますが、医薬部外品育毛剤に認定されている点と値段が安いことから、育毛剤LPLPの方が確実な効果と出費を抑えることができます。

 

成分
それぞれに配合されている特徴的な成分がどのように育毛に影響するか比較してみたいと思います。

 

現在脱毛を防ぎ発毛を促進するために必要と考えられているのは次の三つの方法です。

 

@頭皮の血行を促進させる
A毛穴の炎症を起こすのを防ぎつつ保湿する
B男性ホルモンの働きを抑える(脱毛予防)あるいは
女性ホルモンの働きを活性化する(発毛促進)

 

Deeper3Dの主成分はキャピキシル(抗炎症作用)オウゴンエキス、ノコギリヤシ(男性ホルモン抑制)オクタペプチド、アセチルデカペプチド、人オリゴペプチド、アプスネスト、プラセンタエキス、KGF,(女性ホルモンつまり成長因子そのもの)さらに特に男性が必要としている亜鉛が配合されています。

 

LPLP(ルプルプ)の成分はどうでしょうか?

血行促進のために:センブリエキス
炎症を防ぐ、保湿:グリチルリチン Wフコイダン
女性ホルモンの働きを活性化する:パントテニル

 

Deeper3Dには成長因子そのものが7種類、LPLP(ルプルプ)に配合されているパントテニルは毛母細胞に働きかける成長因子の産生を促進する成分です。

 

比較してみるとDeeper3Dのほうが圧倒的に多くの種類の成分が含まれていることが分かりますが、同時に二つの育毛剤の方向性は非常に似ていることが分かります。
両方に共通するのは成長因子の配合に注力し、発毛促進により力を入れていることです。

 

また両者とも海洋深層水を使用し、エッセンシャルオイルを配合することにより頭皮をさわやかに、そして良い香りに保ちます。

 

ただし育毛剤LPLPは薬事法上で効果が認められた有効成分が配合されており、医薬部外品として認定されている点は、育毛効果を期待できる確かな根拠の一つです。(Deeper3Dは医薬部外品ではなく薬事法上は化粧品の分類になります)

 

価格的にはどうでしょうか?(2016年3月現在)
Deeper3D
1.5か月分60ml:13,860円(税込)
LPLP(ルプルプ)
二か月分150ml:5900円(税抜)+472円(消費税)=6372円

 

比較してみると、これは全然違いますね。量換算でも期間計でもLPLP(ルプルプ)はかなりお得かもしれません。

 

育毛剤は生涯続けてこそ、効果を持続・実感できるものですから、なおのことそういえます。

 

Deeper3Dを続けたいが費用的に難しいと考えておられる方にLPLP(ルプルプ)がおすすめかもしれません。

 

安全性と品質保障についてはどうでしょうか?
LPLP(ルプルプ)はDeeper3Dとは異なり、厚労省の「医薬部外品」として、認定された成分を認定された量だけ用いていることが証明されている商品となっています。「医薬品」や「化粧品」に比べ効果は穏やかですが、その分副作用の心配は、両方ともに低いということになります。(Deeper3Dは化粧品)

 

 

おすすめは育毛剤LPLP

いかがでしょうか?Deeper3Dはやはり高濃度の育毛成分が配合されていますが、その分かなり高額になります。

 

もしお手頃価格で発毛力を持続的に高めて行きたいということであれば、LPLP(ルプルプ)のほうが、実はより効果的な育毛剤と言えるかもしれません。